Musubimeは日本の伝統的な素材や技法、革新的な新素材や技術、そして確かな手仕事で美しい製品づくりにこだわっている

日本のヒジャブ・スカーフのブランドです

 

 

美しさだけではない 心地よさ 快適さ 機能性 そして幸せな気持ちを感じていただける作品です

 

西陣織

 

日本の織物の最高峰の京都西陣織 - Musubimeは西陣織の中でも「金襴」とよばれる織物に惹かれヒジャブやスカーフに取り入れています。「金襴」とは糸の芯に金箔を巻き付けた金糸や細くきった金箔を織り込み、模様を表した織物のことを言います。華やかで雅な日本を絹糸と金糸で表現できる素晴らしい伝統織物です。

播州織

 

播州織は兵庫県の中央部を流れる加古川の上流、西脇市を中心とする地方の織物です。この地方で約220年前に綿花の栽培が始まり、飛田安兵衛により京都西陣から持ち帰られた織物技術から播州織は始まったとされています。天然素材の優しい風合いは先染めの糸とそれを織りだす職人さんの素晴らしい技術で心に響く作品が完成します。 

 

唯一無二への挑戦

 

Musubimeは播州織の職人さんと出会い、その作品に一目ぼれしました。

 

播州織のなかにありながら量産よりも、こだわりを追求し続けている

職人さんの挑戦が

この織物に込められています。

 

機場での感覚・・・

世に無いモノ・・・

皆が手を出さない、チャレンジ路線

その中から生まれました

 

「ウールの縮絨性質と和紙の織り縮みしない性質とを織り交ぜるとどうなるか?」

こうなりました!

「真似出来るものなら遣ってみろっ!の挑戦的な意味合いも含め(切磋琢磨)これからも、唯一無二のモノを創る」

 

この職人さんの想いと共にこれからmusubimeは共にチャレンジしていきます。色々な国の多くの女性の日常をより優しく快適に幸せにするためのチャレンジです。

 

musubimeはこの素晴らしい魂のこもった作品をスカーフ、ムスリムファッションにとりいれることで、日本発のヒジャブのブランドとして唯一無二への挑戦をはじめます。

新素材

 

綿生まれの炭素繊維生地をつかったインナーヒジャブです

綿を高温でナノレベルの孔ができるまで炭素化してできた繊維と綿を合わせた生地で紡績した糸で編み上げられた生地を使った日本発のインナーヒジャブです。

 

インナーヒジャブに最適な5つの理由

 

髪に優しくずっとキレイにすごせます

 

  1. 抗菌性 炭特有の抗菌効果で有害な細菌を抑え嫌な臭いも抑制します。洗濯後必ず天日干ししていだければ効果の持続性は繊維が破損するまで半永久的に持続されます。
  2. 消臭性 炭が持つ消臭効果で汗の主成分である酢酸ガスを吸着します。

  3. 吸水性・湿度調節ができます 素材そのものが呼吸し放熱、放湿することにより速乾性があります。そのため接触冷感の効果もあり夏場は蒸れることなく涼しく過ごせます。

  4. 遠赤外線 炭の持つ遠赤効果で外気が寒いときには自然な発熱で暖かく過ごせます

  5. 髪に潤いと艶 炭素繊維生地には間接的な接触のみで体内の血液の流動性を高める機能があります。頭皮の血液の循環がよくなることで髪の健康的な育成が期待できます。